リノベーションで生まれ変わる中古物件

住宅は老朽化等でリフォームが必要となる場合の他に、家族の変化により、改修が必要となる場合があります。
住み始めは夫婦と子どもだけの家庭でも、子どもが独立したり、親の介護が必要となり、引き取ったりすることもあります。
そのような家族の変化が起きた場合は、改修により住みやすい住宅に変えることが大切です。
住宅はできた時が全てではなく、長い間に変わっていくのは当然のことです。
より上手に変われる住宅が、長く住み続けられる住宅になります。

家族の変化とリフォーム

家族の変化とリフォーム 家族の変化によるリフォームで、増築が必要となるのが、高齢者お親を引き取る場合です。
高齢者は2階の個室を利用するのが無理な場合があります。
そのような場合は、1階に増築リフォームが必要となります。
木造軸組み工法の住宅は、比較的簡単に増築することができます。
法律の関係で、構造的に分離する建て方が一般的です。
1階に高齢者用の個室を設けることで、これまでの生活に必要な空間を残したまま、住宅を改良することができます。
増築のスペースがない場合は、依存の住宅の内部を改修することで、高齢者用の部屋をつくることも考えられます。
既存の部屋を改修する場合は、高齢者がベットで生活できるような、洋間を設けるのが一般的なやり方です。
近くにトイレも設置することで、とても使いやすくなります。

ライフステージに応じてリフォームしたほうが結果的にお得

ライフステージに応じてリフォームしたほうが結果的にお得 現代は生き方や生活スタイルが多様化しています。
20代から30代にかけて結婚をして子供を持ち、その後子供の独立、老後の生活といった一般的な人生設計というのが、必ずしもそうではないということがあります。
ライフステージが、人それぞれで違い、固有の人生を歩んでいくことが多くなりました。
結婚しない方、子供を持たない方、お一人で生活することもあれば、大家族のように何世代かが同居をすることもあります。
どのような人生を歩み、どのような家族構成になるのかは、そのライフステージになってみなければわからないという意味で、リフォームについてもその時の状況に応じて構想し行った方が無駄がなく、結果的にお得になります。
結婚をして子供が誕生してから必要なリフォームをしたり、子供が独立した後にその時に応じた形の住まいを考えるなど。
自分の親のこと、自分自身の生活、子供の独立に伴うその後の計画など、ライフステージによって理想の住まいの形が変化していきます。
その時に最適なリフォームをして理想的な生活を実現するためには、状況に応じて住まいの形を吟味すること。
生き方が多様化し、人生の選択が多い現代において、必要な理想の住まいも変化していくことを考慮することが大切です。

中古物件のリノベーション関連サイト

足立区で中古物件のリノベーションを行っています。

中古物件 リノベーション 足立区

新着情報

◎2019/1/15

優しさと責任が必要なDIY
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

老朽化を発見したら工事を依頼
の情報を更新しました。

◎2018/5/9

手すりを付けるメリット
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

浴室リフォームと浴槽のタイプ
の情報を更新しました。

◎201711/8

リフォームで危険を取り除く
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「増築」
に関連するツイート
Twitter

七  贈与の申込みを拒絶し、遺贈を放棄し、負担付贈与の申込みを承諾し、又は負担付遺贈を承認すること。 八  新築、改築、増築又は大修繕をすること。 九  第六百二条に定める期間を超える賃貸借をすること。

夢、「現実にはないけど夢には出てくる場所」みたいな、定番のバトルステージみたいな場所、ありますよね …あるよね…? いくつかあるけど、自分の夢、実家の窓から海賊船の処刑台に繋がってることが多くて、どんだけアクロバティック増築…!(´ω`)

モンスター小屋は増やしたから、あと4部屋増築するだけ

牧場物語のセーブデータ、3年目の夏で家も増築してダブルベッドもあり結婚してるのか?!ってなったけど家計簿に結婚相手が載ってなくてどうゆうこと?って街にでかけたら結婚できるメンズ全てハート赤にしててヤバさを感じた

返信先:@sky49949164 マイルームとかがあるようなゲームならまだしも今のシステムだと集める場所もないから仕方ないかなとも思っ…ハッ…船に…おみやげ部屋増築…!笑

氷室主宰、お話があります。 エーデルローズにサウナを増築して一緒に汗を流しませんか?

Twitterとにかく汗を流したい仁科カヅキbot@KADUKI_OF_SWEAT

返信 リツイート 1:02

返信先:@nishina247 増築増築重ねて屋根もトタンだったけど母屋の柱に「万延」とか「嘉永」とか彫られてたのよな 祖父(宮大工)曰く「嘉永に建てたけど金が無くて継ぎ足し継ぎ足ししてたんだと思う」て話でしたが 気持ちはわかるけど建て直す前の実家は寒い暑い以前に白蟻大発生するわ鼠とお友達だわ大変でした……

Twitter高瀬だと思いたい@stupid_tear

返信 リツイート 0:58

外から結構見てわかるんですよね〜 増築していたのはわかっていましたがこんなに複雑とは。。。

返信先:@erider93954363他1人 しかも後々年収が高くなり、そして家を安く増築できたりととても良いです。続けられるのは辛抱強い人のみ…

この前の増築工事の会議で「ここがアライバです」と説明をされて心踊ったのは私です。 #ドラファンだもの